HOME > 納品事例 > vol.17 建材を生かす家具&カーテン選び

納品事例

今回ご紹介するのは、稲沢市にお住まいのI様邸。白い壁と濃いブラウン色の床が印象的なお宅です。建材の色味を活かしながら明るい配色を意識した家具とカーテンを、それぞれご提案させていただきました。



リビングの窓には、グレーの地にイエローの柄が映えるドレープと、光沢のあるゴールドストライプのレースをチョイス。モダンな雰囲気の窓辺に仕上げました。

リビングにはカーテンの他にダイニングセット、テレビボード、ソファを納品いたしました。
I様邸は床と建材が濃いブラウン色ですが、全体が暗くならないようにあえて明るい色味でダイニングセットをセレクト。天板と脚が八角形のユニークなデザインがポイントです。お部屋全体の調和を意識し、テレビボードはウォールナット材とタモ材のツートンの品を採用しました。

ブラックカラーのソファは、イタリア製の総革のものをセレクト。やわらかく座り心地のいいソファは、リビングでのくつろぎの時間を優しくサポートしてくれます。

寝室の窓辺は、リビングとは対照的に明るくカジュアルな雰囲気でまとめました。来客が通らないお部屋の為、コストを抑えながらも居心地のいい柔らかな色使いを意識。
また、お客様の要望により寝室のレースの裾をウェイトウーリーロック(ウエイト巻きロック)で仕上げました。裾にステンレス製のウエイトテープを縫い込み、すっきりとした美しいウェーブを生み出します。

寝室のドレッサーも合わせてご提案しました。シンプルで飽きの来ないこちらの品は、マルチ収納としてチラシにも掲載しております。